次世代スバルの幕開け編|東北地区スバルレポート

新型インプレッサ 次世代スバルの幕開け編イベントレポート 〜先進的でダイナミックな、「クラスを超えた質感」を直撃!

仙台駅での展示イベント

この秋発売の新型インプレッサが、9月17.18.19日に仙台駅構内に先行展示されました!
私たちスバルスタッフも、この機会に新型インプレッサイベントの様子と新たな魅力をお皆様にお伝えしてまいります!

躍動感に溢れたスポーティーなシルエット

一目見たらハッとする躍動感溢れるスポーティなシルエットは今までのインプレッサのシルエットよりも更に、ダイナミックな印象。
こだわり抜いたフォルムは見た瞬間にお客様の心をハッとさせるものがあります。
今回の新型インプレッサはすべてにおいて「上質感」にこだわり抜きました。単純にパワフルな力強さというより流麗なボディラインのなかに確かな力強さを携えた洗練されたデザインといえるでしょう。
すれ違うお客様も思わず振り返るほど、飛躍的な感動質感を覚えることは間違いありません。

次世代スバルだからこそできる、第3のキャラクターライン「ダイナミックブレード」

見てください、フロントフェンダーからリアフェンダーにかけて流れる綺麗な第3のライン、「ダイナミックブレード」。スバル車を含め同クラスの自動車の多くは、ボディサイドのラインは窓下のショルダーラインとドア下部のキャラクターラインの2本になります。
今回の新型インプレッサには、第3のライン「ダイナミックブレード」があるんです。
この第3の美しいラインはサイドビューの「立体感」を演出するだけでなく、安全面にも配慮しての「構造フォルム」の役割になっています。
「美」+「安全」のフォルムを造り産む技術力に感服。
新型インプレッサは「クラスを超えた感動質感」を実感できます。
撮影したこちらの写真では皆様に伝えづらい第3のライン。
是非この第3のライン「ダイナミックブレード」の美しさを実際にご覧になっていただきたいです!
(注:ダイナミックブレードは白の矢印部分)

「凛」とした佇まいは、新型のトレードマーク

全グレードではありませんが新型のポジションランプは「コの字」が強調されていままで以上にインパクトのあるフロントフェイスに。
新型インプレッサのフロントフェイスをシャープに凛と引き締めてくれます。
凛とした佇まいは、日中とは違う印象間違いなし。

ホイールのエッジもたまらない!

シンプルにまとめられたホイールのデザイン。よく見るとエッジの角度がついて立体感を強調。
ワンサイズアップしたかのような目の錯覚をおこすデザインになっています。

ドアをあけた瞬間 ハッとして、乗った瞬間 気持ちいい

ドアを開けた瞬間、ハッとするほど美しく洗礼されたインテリア。インパネからドアまでの流れるようなラインによって、空間の広がりを表現。同時に、包まれているような感覚を感じさせてくれます。
「開放感」と「安心感」が共存するデザインとなっています。
コクピットに身を委ねると、機能的で上質な空間がドライバーを包み込み、「乗った瞬間、気持ちいい」と言う感覚を味わってもらえるはずです。

情緒的感覚までこだわり抜いたインテリアについては次回のレポートで詳しくお伝えしてまいります!

改善ではなく、改革的に進化!

新型インプレッサは、インテリアやエクステリアだけでなく安全機能や乗り心地、操作性、燃費、すべてにおいて、「改善ではなく、革新的に進化」しています。
どんなお客様が乗っても安全で愉しい車、そのゆるぎないテーマをブレずに愛を持って研究開発し続けたデザインチームの技の粋がここにあります。
新型インプレッサは、従来ラインナップのモデルチェンジという位置づけではなく次世代スバルの基礎となるような「革新的」な飛躍を成し遂げている車です。
このレポートだけではお伝えしきれませんのでぜひ、お近くの店舗にお越し頂き「クラスを超えた感動質感」をご堪能頂ければ幸いです。

先行展示スケジュール