ブログBlog

2021.05.23

** 花巻空港店 ** 花巻といえば・・・😳

花巻空港店です

 

みなさん、【花巻】と聞いて何を思い浮かべますか?

温泉、空港、名物のソフトクリームなど、

たくさん人気の場所がありますよね

 

その中でも今回は、宮沢賢治についてご紹介したいと思います!

 

私も小学5年生の時、学習発表会の演劇で

宮沢賢治の一生についてやりました・・・(遠い目)

 

・・・といっても、宮沢賢治の人生を紹介するのではなく、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、花巻には、

至る所に宮沢賢治の世界感が楽しめるスポットがあるんです

 

まずはここ!

 

 

宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」に出てくる停車場です(*’ω’*)!

「はくちょう」を「はくてふ」と書いてるあたりや、

読み始めが現在と反対なところが、その時代を感じられます・・・

 

「素敵~」なんて思いながら、横を見てみると・・・

 

賢治先生発見・・・・!!!!!

そんなところにいらっしゃったとは・・・

 

看板にはイギリス海岸と書いてますね!

という事で、見に行ってみました!

 

 

到着!

誰か帽子を忘れていますね!(笑)

 

 

雨の影響で、水量がすごかったです・・・

しかし!

1本に続く北上川の横をこんなに素敵な道で歩けるなんてロマンチックですね

 

しかも!

1つだけベンチが!!!

これもまたロマンチックポイントですね

 

でもなんで「イギリス海岸」なんでしょう

➡作品「イギリス海岸」の中で

「全くもうイギリスあたりの白亜の海岸を歩いてゐるやうな気がするのでした。」

という一文があり、賢治先生の憧れからこの名を付けたといわれているそうです!

 

発想が本当に素敵ですね

また、ちょっとした説明や詩が書かれているオブジェクト等もありました!

 

賢治先生、こんなところに帽子とコートを忘れているじゃないですか!

このようにイギリス海岸あたりには、ふと横を見ると・・・

というくらいに、宮沢賢治の世界感があちこちにありました

とっても楽しかったです!

 

ここら辺だけではなく、花巻のあちこちに宮沢賢治の世界があると聞いたので、

いろいろ探せたらなあと思っています!

 

探しながらドライブも楽しそうですね

 

 

・・・・・・・・・

って!あっ!!!!!!

 

花巻空港店のお店の中にもありました!

宮沢賢治の世界感!

 

銀河鉄道の夜のワンシーンですね

 

入口の真正面にありますので、機会があれば是非ご覧になってみてください

 

 

 

 

店舗

投稿月アーカイブ