ブログBlog

2021.11.08

[CS水沢]○○年式のサンバートラック・・・?

こんにちは、カースポット水沢です!

今回は珍しいお車がやって来ましたのでご紹介いたします!

写真でご覧いただいていますが、なかなかのレトロ感・・・長い間お使いいただいていたとわかるトラックですよね。さて、このトラック、何年前のトラックでしょうか・・・?

ぜひ考えてみて下さい!

実はこのトラック・・・平成元年式・33年前のトラックなんです!

いつもブログを書いている私が平成7年生まれなので、私よりも先輩のトラックです(笑)

型式はKT型のトラックで、4代目のサンバーとなります。(ちなみに現行型は8代目となります)

現行型のサンバートラックと並べてみるとよりコンパクトで可愛らしいスタイリングですよね。当時の軽自動車の排気量は550ccと今よりも110cc少ないものとなっていましたが、この1年後には今と同じ660ccへと変更されたので550cc時代最後のトラックということになりました。

排気量だけでなく車体の大きさも違うので、現物を見るとより小さく見えます。

横から比べてみるとこのようになります。今の軽自動車よりも全長が20cm短くなっていますが、計ってみると積載スペースの長さは約5センチほどしか違いが無いようです。

今ですと軽トラックでも快適な車種が増えていますが、今と昔のトレンドの違いを感じました。

他にも、内装面では様々な違いがありましたのでご紹介いたします!

運転席に乗り込んでみると、とてもシンプルかつ機械チックな内装になっていますね。今の車よりも装備が少ないのでよりシンプルに見えますね。

メーターを見てみると、最高速度は110キロとなっています。今よりも排気量が少ないためこのメーターを見ると新鮮に感じます。

ミッションも今では一般的な5速マニュアルではなく4速+エクストラローの組み合わせとなっており、バックギヤは押し込みながら左上にシフトする設計になっています。ちなみにシフトレバーそばにあるレバーはサイドブレーキ用のレバーのようです。

キーシリンダーも今の車からするとびっくりな位置にあります。最初見たとき「鍵はここに入れるんだよな・・・」と思いながら恐る恐るシリンダーに刺してエンジンがかかった時にはとても安堵しました(笑)

このように今のトラックとの違いを実際に見ながら体感することができました。このような車両を実際にみて乗ってみる機会はなかなかできないかと思いますので、とても貴重な経験になりました。

また、お客様へ今回のブログ掲載についてお話した際も快く掲載を許可いただきました。改めて本当にありがとうございました!

店舗

投稿月アーカイブ